自律神経失調症とは

 自律神経失調症とは、普段は無意識のうちに調整されている身体のバランス機能がうまく働かなくなった状態のことをいいます。

 たとえば、体温調節がうまくいかず、ほてり感、のぼせ感、異常な発汗、熱感、冷感を感じてしまう場合がそうです。

 身体的な領域でいいますと、耳鳴り、めまい、たちくらみ、頭痛、肩こり、腹痛、下痢、吐き気、喉の違和感、身体のだるさ、とれない疲労感などが相当します。その他にも症状は多岐にわたります。

 精神的な症状よりも身体の症状が強く出現するので、内科やその他の身体治療科に先に受診されるケースもまれではありません。

 内科やその他の身体診療科にてはっきりとした原因が判明すれば当該科にて治療が可能ですが、はっきりと原因が分からなかった場合には自律神経失調症の可能性が高くなります。

 自律神経は交感神経と副交感神経との二つの神経系からなります。人間はこの二つの神経を無意識のうちに調整しながら生活しています。
 交感神経とは一般に興奮したり、闘争したりするときに主に活発に働く神経系のことをいい、副交感神経は安静にしていたり、休息しているときに活発に働く神経系のことをいいます。
 交感神経が優位に働いている場面では、瞳孔が開き、心拍数が増え、脳や身体の隅々まで血液を送り込むために血管を収縮させ、酸素をより多くとりこむために呼吸が激しくなったりします。

 一方、副交感神経が優位に働いている状態は交感神経が働いていた場面とは逆の状態になります。ヒーリング音楽を聴いているときや、安静な睡眠がとれているとき、食事中やリラックスできている場面を想像してみてください。体の筋肉の緊張はほぐれ、心臓は静かに脈をうち、呼吸の回数も少なくゆったりとした呼吸をしているはずです。

 このように交感神経と副交感神経は上手にバランスを取りながら、どちらが優位に働くかによって人の生命活動の一端を担っています。

 ところがこの二つの神経系のバランスが崩れてしまうと様々な身体の不調や心の不調を引き起こしてしまいます。これが自律神経失調症です。


 睡眠不足、働きすぎ、などで自律神経のバランスを崩すケースが増えています。気になる症状が続く場合はお早めに当院にご相談ください。